Music in the air

オーディオ機器とハイレゾ音源のメモ

final / E3000

final E3000 FI-E3DSS

E3000 | final

まったりとしながら質感の魅力的な低音で聴かせる良イヤホン。高域が少し落ち気味かと思いますが、これは付属のイヤーピース数種を試しても物足りず、かと言ってE2000では個人的には高域がキツく感じたので難しい所です。とりあえずクラブ系、ブラックミュージックが好きな人の入門用としては文句なく勧められる一品だと思います。

 

なお、このイヤホンを数万円のものに匹敵するとしてツイートしてる某店がありますが、明らかにその価値はありません。このイヤホンのいいところは価格なり + αの音質をしっかり実現していることだと思います。

RHA / CL750

RHA CL750 ハイエンドイヤホン ハイレゾ対応/ハイインピーダンス設計  271440【国内正規品】

CL750: CLダイナミックトランスデューサによる高精度インイヤー型ヘッドホン | RHA

QP2Rで鳴らせて相性がいいとのツイートを見て購入したのですが、僕の耳には高域が耳につく以外特筆することのないイヤホンで残念な買い物でした。

 

パッケージ、付属品などは質が高く、丁寧に商品を作っているんだろうなとは感じました。

 

Superchunk / Come Pick Me Up

COME PICK ME UP

Come Pick Me Up (Remastered) | Superchunk

SuperchunkのBandcampの中で見つけられた96/24フォーマット。Jim O'Rourkeプロデュースの抜けの良い音がフォーマットとマッチして、良メロに起伏に富んだ演奏の魅力を引き立てています。思い出に強く残っている名作なのでこういう形で再会出来たのは喜ばしいですね。

Run The Jewels / Run The Jewels 3

Run The Jewels 3 [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック2曲収録 / 初回特典ステッカー / 国内盤] (TRCP212)

Run The Jewels - Run the Jewels 3 - Boomkat

いつの間にかBoomkatも一部のFLACが24bitになったのでしょうか。明記されていないのでこれ以外に24bitのリリースがあるのか分かりませんが…。

 

買ってから放置状態だったのですが、iGalvanic導入後聴き直してみると凄いサブベースが入っていることに気づきました。聴く軸が出来るとおもしろいアルバムですね。ゲストを招いた曲も自然にアルバムの流れの中に収まっています(Kamasi Washingtonでさえ!)。ヒップホップで音響的にデジタルに合っているアルバムはあまり多くない印象なので、こういう良作ハイレゾが今後増えるといいなと思います。

Metro Area / Metro Area (15th Anniversary Edition)

METRO AREA [3LP] [Analog]

Metro Area (15th Anniversary Edition) | Metro Area

懐かしい作品がリマスターでハイレゾ化。今聴くと少し照れてしまうようなフレーズもあり少し気恥ずかしくなったりもしますがそういうのもいいものですね。

Lovelock / Burning Feeling

Burning Feeling

Burning Feeling | Steve Moore

Zombiの片割れ、Steve Mooreによるディスコダブプロジェクト。シンセマイスターによるさすがの音色チョイスとグルーヴ感でで曲の魅力がより引き立っていますね。音質的にはそこまで24bitの恩恵を感じるというところはないですが、アルバム全体として良い出来だと思います。

 

 

Curtis Harding / Face Your Fear

Face Your Fear

Face Your Fear - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

ジャケ買いですが最近の人なんですね。また否定的なことを書いてしまいますが、こういう曲調にしてはボトムが薄いのでなんとも乗り切れないものを感じます。曲はいいだけにもったいなく感じます。