読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Music in the air

オーディオ機器とハイレゾ音源のメモ

PonoMusic / PonoPlayer

Audio

10月からあれよあれよと延びて今日届きました。購入したのはPatti Smithシグネチャー・モデル。届いたプレイヤーは綺麗な木箱竹製の箱に入っていて開けるときのわくわく感を引き立てます。Music TO GO!によるとこの包装はアーティスト・シグネチャー・モデルだけのようです。通常モデルは黄色と黒のカラー・ヴァリエーションなので当然どちらかかと思っていたのですが、アーティスト・シグネチャー・モデルはアルミのヘアライン仕上げで、黒と黄色はポップな感覚を受けるのに比べて、シックで高級感を感じます。Neil Youngシグネチャー・モデルの募集には間に合わず、Neil YoungのプレイヤーでNeil Young以外のシグネチャー・モデルもなぁ…と思っていたのですが結果的にはこのデザインで半分満足という感じです。その他には安っぽい合成皮革?のケースも付いてくるのですが、これはヘッドホン / イヤホンを挿すと使えないし見た目も良くないし正直もう少し考えて欲しかった気がします。

 

開封して、本体を覆っていたビニール・シートを剥がして、附属のUSBケーブルを挿してPCと接続してみる。これで当然USBマス・ストレージとして認識されて、入れたい曲のフォルダをほいほいとコピーしていけばいいのかと思ったら、画面にはUSBでチャージしてる表示が出るものの、マス・ストレージに関してはうんともすんとも言わない。しばらくあれこれ試した後、電源が入っていないんじゃないかと気がついて真ん中の丸ボタンを押して起動で無事パソコンに認識されました。起動時の画面のpowered by Ayreてロゴはオーディオ好きには嬉しいポイントですね。

 

接続してまず付録のPatti Smithのアルバムを見てみるとなんとこれがCDクオリティのFLACファイル…。高らかにハイレゾ推奨を謳っているのにこの有り様にはかなりがっくり…。

 

次は聴きたい楽曲のコピーなのですが、これがとにかく遅い。普通のUSBメモリやハードディスクへのコピーの1.5倍くらいかかる感覚です。

 

お風呂に入っている間にコピーを終わらせて、ようやく試聴。最初ヘッドホンのボリュームがMaxになっていてびっくりしました。こういう所は使用者の健康を損ないおそれもあるので気を使って欲しいところです。他のハイレゾ・プレイヤーをしっかり聴いたことがないため比較は出来ないのですが、とにかく自分が気になるポイントである低音がしっかり鳴っているということで、$400でパッケージから出した段階でこれだけの音が鳴っていれば、将来的にDSD256対応ののポータブル・プレイヤーが出るまではこれでいいかなと思える音でした

 

使い勝手で気になった点はバッテリーの残量が分かりづらい、小さいタッチパネルでのメニュー遷移やアルバムの選択が不便といったところでしょうか。

 

また、これは事前におそらく情報が出ていなかったと記憶していますが、4極のプラグでヘッドホン端子とラインアウト端子を使った2系統の出力でヘッドホンのバランス駆動に対応しているそうです。ケーブルに関しては自作は控えるように、今後Ponoのストアで販売するケーブルを使うように記載がありますが、どの程度のメーカーと機種をサポートするのかが気になるところです。Music TO GO!のエントリーを読むと実質SONY方式とのことでMDR-1Aを買ったばかりだったのでMDR-1A用のバランス・ケーブルを購入してみましたが問題なくバランス出力出来ました。

 

追記:

MDR-1Aのブレイク・インも兼ねてずっとバランス出力で鳴らしっぱなしにして時折聴いてみたりしていたのですが、その後MDR-EX800STでの標準のヘッドホン出力と比べると、バランス出力の方がベールを2、3枚剥がしたような感じでヘッドホン出力に不満が出てきてしまいました。定位感はともかく音像の輪郭が甘くなるのは頂けないなぁという感じでヘッドホン出力にはもう少し頑張ってもらいたかったですね。という訳でバランス対応ヘッドホンを持ってない人にはあまりお勧めできない気持ちになってきています。

 

さらに追記:

どうにも音楽を聴いていて楽しい音質でないなぁという感じが拭えないです。無意識の内にResonessence Labs HERUSと比較をしていたことに気がついたのですが、もう少し頑張って欲しかったですね。