Music in the air

オーディオ機器とハイレゾ音源のメモ

ベルドリームサウンド BELLDREAM / BD-HW5

ベルドリームサウンド

以前年上の方からレコード再生について色々教えていただいた時に、ヘッドシェルとアーム接合部のゴムのワッシャー (ヘッドシェルリング) は取った方が良いと教えていただいて、これまでずっと外していたのですが、その効果もしっかり検証していませんでした。

 

EAD RECORDさんのヘッドシェルリングについて書かれたブログエントリー2つを読んでそのことを思い出し、今回ベルドリームのドライカーボン製のワッシャーBD-HW5も購入して、ワッシャー無し、標準のゴム製ワッシャー、BD-HW5の聴き比べをしてみました。

ヘッドシェル&アームの接点:

ゼロリング:

 

結果から書くと、拙宅の環境で私の好みでは

ワッシャー無し >= ゴム製ワッシャー > BD-HW5

となりました。BD-HW5ではクラブ系のローが死んでしまい、高域もなまった感じに聴こえ、音全体の彩度も落ちているように感じました。ワッシャー無しはクッキリと細部が明瞭で鮮やかな音、ゴム製ワッシャーはワッシャー無しに比べ全体的にやわらかい音という感じで、個人的にはワッシャー無しを1番としましたが、システム全体との相性や好みによってはゴムを選ぶ方もいらっしゃるかもと思いました。

 

カーボンも厚みによって音が変わるようですし、他の素材含めもう少し色々試していければと思います。