Music in the air

オーディオ機器とハイレゾ音源のメモ

AIM (エイム電子) / SHIELDIO UA3

AIMELE AIM SHIELDIOシリーズ オーディオUSBケーブル 0.5m UA3-R005

SHIELDIOシリーズ | AIM HDMI製品情報

エイム電子のUSBケーブルのフラッグシップモデル。フラッグシップとはいえ海外メーカーと比べるとかなり控えめなお値段にはなっています。

 

発売時にニュースリリースを読んだ記憶はあるものの、SHIELDIOシリーズの初代があまり良い出来とは思えず、そのメーカーの商品にこの値段を払うことはありえないなという思いとともに記憶から追いやられていました。それが、DMaa知るきっかけになった万策堂さんで絶賛されていたことを知り、試してみることにしました。例によって常用しているCardas Clear Serial Buss (ある程度古いものですのでおそらく最新のrevisionとは若干差異があると思います) との比較です。

 

UA3に繋ぎかえてまず最初に再生したのがYaporigamiだったのですが、とにかく音の鮮度が高い、ビートがよりリアルに迫ってくる感じにおののきました。今、アンプを入れ替えたことで音のバランスが崩れがちになっているのを日々感じていたのですが、UA3のダイレクトな出音は悩んでいた低音のふくらみをうまく減らしてくれているようです。この鮮度感はエレクトロニックなビートものに関しては圧倒的な効果を感じます。国産メーカーのケーブルでここがもの足りないものが多いローエンドの伸びに関してももちろん余裕の合格点です。

 

いわゆるロック、ソウルなどに関してはCardasはある程度の純度を保ちながら、音楽的な旨味を引き出しているようなところがあります。UA3に関してはとにかくどんなジャンルも鮮度高くストレートですね。Cardasは職人さんがひと手間かけたお鮨、UA3は新鮮なお刺身、という風に例えることもできるかもしれません。

 

お値段も近く、魅力に甲乙つけがたいところのある両者ですが、現状の拙宅のシステムとの相性からUA3を常用することになりそうです。