Music in the air

オーディオ機器とハイレゾ音源のメモ

RasPiオーディオ始めてみました。

職場でRaspberry Piを触る機会があり、いろいろ調べていると安価でネットワークプレイヤーになる!ということで遅ればせながらラズパイオーディオを始めてみることにしました。

 

まずラズパイ本体は最新のRaspberry Pi 3 Model Bを選びました。これに関してはWi-FIBluetoothといった無線モジュールを積んでいるので音質的に不利なのではという懸念がありましたが、AirPlayを使いたい、CPUのスペックが高いものの方が将来的に長く使えそうという理由で最新のものにしました。

 

で、ラズパイのオーディオ用OSは現状VolumioとMoOde Audioの2強のようなのですが、Volumioを選びました。音に関係しそうな設定項目数はMoOde Audioの圧勝で当初MoOde Audioの導入を考えたのですが、なぜかNASの音楽ファイルがうまく読み込めず、結局Volumioを使うことになりました。

 

Volumioのメリットとしては無料、アップデートがメニューから行える、専用のiPhoneアプリが用意されているというところですが、iPhoneアプリは検索機能がなく、NAS内の大量のファイルにアクセスするには結局Web UIを使うしかないようです。また、どこがボトルネックになっているのか分かりませんが、NAS内のファイルのブラウズは遅くてかなり厳しいです。MoOde Audioのアップデートに関しては、アップデートがある度に送金してzipファイルの解凍パスワードを教えてもらう形になるのかな?

 

音質に関しては最低でも2種類以上のDACボードを比較した時点で別エントリーを書くつもりです。