Music in the air

オーディオ機器とハイレゾ音源のメモ

LattePandaを使ったJPLAYのデュアルPC環境構築

LattePanda 4G/64G - Win10開発板(デジタル ライセンス含まない)

Geekworm lattepandaアルミニウム合金CNCケース/ lattepanda母ボード囲みwith lattepanda Cup Superミュート冷却ファンキット

アイファイ・オーディオ DC電源アダプター(ACアダプター/5V)iFi-Audio iPower(5V)

JPLAY | hi-end audio player for Windows

初心者向けJPLAY設定ガイド デュアルPCモード編: PCでハイレゾ音楽

以前からJPLAYのデュアルPCに挑戦してみたい気持ちがあったのですが、仕事でWindowsが動くシングルボードコンピューターLattePandaを知り、確かオーディオPCは低スペックで良かったはずだからこれを使えばデュアルPCが出来るのではと挑戦してみました。

 

JPLAYの設定に関しては上記のサイトに簡潔にまとまっていますので、LattePandaに関してハマッた点だけ記録しておきます。

  • 64bit版Windowsが動くのは4GB / 64GBモデル

現在日本で発売されている2モデルのうち、64bit版Windowsが動くのは上位モデルのみ。製品仕様に明記されていないので要注意です。

  • LattenPandaにはDSP版のWindowsライセンスを使えない

DSP版の趣旨を考えれば当然なのですが、これで2万円ふいにしました…。

  • Windowsを再インストールしないとWindows 10 Proにアップデート出来ない

原因不明です。LattePandaのOS再インストール方法はこちらを参考にしました。

 

その他、LattePandaの最適化情報がこちらで紹介されています。自己責任でどうぞ。

 

PC間のLANケーブルに関しては多くの方が書かれている通り、ストレートのオーディオ用ケーブルより、安くてもクロスの方が音が良いですね。LattePandaの電源としては2.5A以上の出力でオーディオクオリティのものというのがiFi-AudioのiPowerしか手元になかったのでそちらを使用しましたが、他の選択肢としてはFIDELIX、EL SOUND、モバイルバッテリーなどがあるようなので今後試してみると思います。 

 

導入に作業が必要だと音が出ただけでうれしいですね。オーディオPC側の最適化がまだ甘くDAC Link ~500Hzな状態ですが、導入当初の~100Hzの音だとあまり意味を感じなかったのが、~500Hzまで上がると非常に精細な音という感じで満足です。